千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2019年6月14日金曜日

その2「神田8町会こども縁日への道」


QRコードは作成ページがあるので、ププッと作成!

QRコードを2つ並べてみたところ。
なんとなく、目に見えませんか?
見えないのか。見えないでしょうね。見えないですよね。
見ようによっては、キャプテンセンシブルのサングラスのようだ!
とそう思った次第です。見えないかー!
(もしくはエルトンジョンのサングラス)



ということで千代田区内、神田公園地区の情報となれば「大好き神田」!
そして隣りにはこの「ご近所かわらばん~神田公園地区~」の
ブログQRコードを並べてみました。

こどもたちが、ぜひ携帯電話とかでQRコードを読み込んでほしいな。
昔のバーコードバトラーのように(笑)

神田公園地区!神田公園地区!とは言いますが、
#神田錦町 #神田小川町 #神田美土代町 #内神田 #神田司町、
#神田多町 #神田鍛冶町三

上記の地域が、神田公園地区を構成しております。
是非、お見知りおきを!

もう少し工夫を加えていくかもしれませんが、こうやってこうな
デザインベースは、このような雰囲気でいこうと思っております!

一体、社協は何をするんだろうと、なんのことかわかりにくいですが、
こうやって小出しにしたい次第です!

文章打ち終わって、さすがにキャプテンセンシブルのような感じはないな・・
と思い、せっかくなので、フリーハンドでサングラスにしてみたら、
意外と良くて画像をアップした次第です!
色んなサングラスにしても面白いかもなと思いました。

まだまだ梅雨時期ですが、体調を崩さないよう皆様、御身体ご自愛の上、
夏への身体の準備も忘れずに・・・。

私がただただ遊んでいるようにも見えますが、こどもたちに少しでも
「なんだろ!これ!」と興味を持ってもらえるように必死です!(笑)


こどもたちの想い出に残ることは、きっと親にも、地域の周りに方々の
想い出につたって、残って。社協を知っていただくいい機会だと思っています。
困ったときには、あの時あのこども縁日の時の・・・・そうだ!社協だ!
と思いだしてもらうには、私たちの出店もインパクトを大切にしたいです。
笑顔はきっと連鎖していくと思っております♪
                    
                         神田公園地区担当:佐藤悠

2019年6月13日木曜日

その1「神田8町会こども縁日への道」

関東でも梅雨入りし、プロ野球は、セパ交流戦が始まっております。
令和元年の夏の手前でございます。

今年も #出世不動通り で、7月20日(土)に #8町会子ども縁日 が行われます。毎年とても多くの方で賑わう、こども縁日です!

ちよだ社協も今年も出店させていただく予定で、神田の皆様とおまつりに参加していきます。
そして今年のこども縁日参加にあたって、ちよだ社協も既に準備を始めています!!

神田公園地区担当としては、今年も渾身の企画になります!!
是非こども縁日では、ちよだ社協のブースを覗いてみてください♪
いや覗くだけではなく、参加してみてください♪

7/20 の「神田8町会こども縁日への道」は、これです!

なにかわかりますか?
観てのとおり段ボールです(笑)















これを200個切るのに約2時間を要しましたが、きっとかわいいアクセントに
なると信じています。

夏は想い出に残るほうがいい。





2019年4月2日火曜日

神田っこ おまつり手習い ~報告~

平成31年3月16日(土)午後1時30分~3時まで、千代田小学校のランチルームにて、神田公園地区担当(千代田社協)初の講座企画『神田っこ おまつり手習い』講座を行いました。

神田祭をとおして、自分の住む町をもっと楽しみ、好きになろう!というテーマの下、次世代の神田っこへの手習いを、現役の!神田っこが講話を行いました。

講師は、南澤さん(司町2丁目)と大久保さん(多町2丁目)のお2人が務めてくださいました。
こどもたちからも積極的な質問もあり、親子でじっくり話を聞きながら、
身近な神田祭についての話をしっかりと聞いていました。



諸説ありますが、なぜわっしょいというのか。
という答えには、「和を背負う」という意味合いがあるそうです。「わをせおう」というくりかえしの中で派生したとのこと。
他にも、なぜ神田祭は2年に1回なのか、などなどここでしか聞けないエピソードが盛り沢山でした♪

お話のあとはうちわのワークショップ。
それぞれじっくりお神輿の塗り絵を行っています。
まったく見本が無いのに、小学校中学年の生徒さんたちは、思い出しながらじっくりじっくり丁寧に塗り絵をしていました。
今回は、水巴 を用意。渦巻のように思い思いの色を重ねていました。



並行して、主に神田の街の方からお借りした衣装を着ての撮影。
また半纏もお借りして、更に祭衣装に磨きのかかった1枚など、家族で思い思いの写真を撮っていました。



そして、なにより講師の南澤さんと大久保さんの、帯の締め方やてぬぐいの結びかたのレクチャ―はこのまま担ぎに出るような活気を帯びる、素敵な時間でした。
参加者の方は、習ったことをすぐに復習しながら、習得に必死でした(笑)






時間はあっという間に過ぎてしまい、記念撮影をして神田一本締め。
結びで、「日本三大祭りの神田祭に参加出来る神田っこであることに誇りを持って欲しい」というメッセージも頂き、今年の神田祭は、5月9日から15日に行なわれます。







今回の講座にご尽力いただきました、南澤様(司町2丁目)、大久保様(多町2丁目)、入山様(多町1町目)、田畑様(多町2丁目)、田熊様(神田鎌倉町会)をはじめ、多くの皆様にご協力を感謝いたします。


                             神田公園地区担当一同
                                (文責:佐藤悠)

#神田祭
#千代田区
#千代田区神田祭



2019年2月22日金曜日

神田っこ おまつり手習い(講座開催のおしらせ)

神田祭をとおして、自分の住む町をもっと楽しみ、好きになろう!
この講座で神田祭にふれた後は、希望の方には神田祭に参加する方法もお伝えします。(この講座は神田祭に参加することを確約するものではありません。)

予定内容:
神田祭の基礎知識
半纏試着体験
神田祭で使えるオリジナルうちわづくり

平成31年3月16日(土)午後1時30分~3時
場所:千代田小学校 ランチルーム(神田司町2-16)
講 師:神田公園地区町会員有志
参加費:無 料
定 員:大人・子どもあわせて30名程度(要予約)
*小学校3年生以下のお子様は保護者の付き添いをお願いします。
*応募多数の場合は、抽選とさせていただきます。
対 象:
千代田区神田公園地区在住者、及び在学者・在園者とその家族

申込み方法:
①参加する方のお名前・年齢
②住所
③電話番号
④参加する方が複数人の場合は、代表者のメールアドレス
⑤現在お住いの町会に加入の有無(加入していない場合は加入を検討して
いるか)
を明記し、メールまたはFAXでお申し込みください。
申込み〆切:3月10日(日)必着
参加決定 :3月12日(火)までにご応募いただいた方にご連絡します。

個人情報の利用は利用目的の範囲内で行い、利用目的を超えて使用する場合は
事前に本人の同意を得るほか、本人の同意なしに第三者に情報を提供することは
ありません。急な用事などで欠席をされる際には、早めにご連絡ください。

千代田区社会福祉協議会 神田公園地区担当 松本・佐藤悠
千代田区九段南1-6-10 かがやきプラザ4階
電話 3265-1901 FAX 3265-1902

メールでの申込みは下記を参照ください。
https://www.chiyoda-cosw.or.jp/form/chiiki.html


#神田で子育て
#千代田で子育て
#地域のつながり
#神田祭
#町会に興味がある

2019年1月28日月曜日

‐地域の福祉力‐ 司町一丁目町会茶話会 編

恒例の「地域の福祉力シリーズ」。。。



今回は司町一丁目町会福祉部にクローズアップして発信します



まずは「司町一町目町会」といえば・・・



神田公園地区のほぼ中央に位置する町会。



中程には神田駅へと続く『神田駅西口商店街』の入口があり、大変人通りの多い場所でもありますよね






『一致団結』をモットーにする町会ですね。素敵ですね。。。





お邪魔したのは、福祉部中心とした『茶話会(お茶会)』です。。。






寒さ続く日々ですが。。。





皆さん元気ハツラツ








お茶やお菓子を嗜む集まりなのですが・・・







「あれ、今日は〇〇さん来てないよ!!」



「年末にかけて、ドロボー被害が数件ご近所で発生して、一件犯人を逮捕したけど、まだ捕まってないのよ!1階に不法侵入されて、被害額も多いのよ!!」。。。




「こんなことは、今まで町会内にはなかったから、商店街にたくさんの防犯カメラが設置されているけど、怖いわね~」


等々・・・、話題は枚挙に暇がないほど・・・




こうしたタイムリーな情報交換や気楽にお話しすることは。。。




町会の中での新情報やお元気な方やそうでない方の情報などもみんなで共有できる’場’になる力になる!!!





大切なんですねこうした話し合いができる場は






ほんと素敵ですよね仲がいいんですよね司町一丁目町会。。。







なにげないことなんですけどこうした集まれる’場’に「地域の福祉力」の底力を見ました






茶話会の場所も素敵なカフェでしたね(許可得ること失念し掲載不可でご了承下さい)

カレーが「おいしいよ」とのことでした・・・




●毎月第4金曜日午後2時からの定例化







今後もますます和気あいあいステキなご活躍にお姿に社協も一緒になってお話しさせてください。

話題は変わりますが、当職員が所属する係で成年後見制度(今回は「後見監督人」について)に関する勉強会をします。ご興味ある方絶賛参加者募集中ですのでご連絡お待ちしています


『ブログ』
 https://www.chiyoda-cosw.or.jp/centerblog/2019/01/08/1075/

『問い合わせ』
 http://www.chiyoda-cosw.or.jp/form/kouken.html

(神田公園地区一同:作成者 齋藤耕太)

2018年11月16日金曜日

11月10日  敬老茶話会

11月10日(土)、毎年恒例の小川町北部二丁目町会 敬老茶話会に参加してきました!

千代田区社会福祉協議会からは清水、黒田、長田(華)の3名が参加。

13名の町内会の皆さんと素敵な時間を共有させていただきました )^o^(


まず最初に町会長から、町会内の近況について

「小川町北部二丁目町会内には、高層の建物はあまり多くはないが、

最近、新しくできたビルに、世界的に有名な企業が転居してきた。

そして、「町会に入りたい

と企業から言われたとのお話をいただきました。


町会長は建物が新しくできた時から、

ずっと新しいビルの様子を気にかけていらしたそうです。

いつもご自分の町を丁寧に見守っていらっしゃるのですね。

お話を伺い、感動してしまいました!


ところで、

敬老茶話会が催されたところは、小川町駅そばの越後料理 妻有庵さん。

店内はダークブラウンで統一されており、大きな提灯がアクセントとなって、モダンでお洒落。

大人カジュアルな雰囲気のお店です。





池田福祉部長と大宮婦人部長から、このお店

を選んだ理由は、

足が不自由であっても安全に歩けて(階段等が

ない)、

車椅子での移動ができる(広いスペース)ところ

だから

と伺いました。


さすが地域の住民のことを日々思って活動されている部長さん方。

私、またまた感動!





茶話会では、ゲストとして神田警察署の現役警

察官もいらっしゃいました。

詐欺被害にあわないよう、具体的な事例を踏ま

えて、面白おかしく、聞かせてくださいました。





今回集まった町会員さんは、75歳以上の方。

でも、みなさんお世辞抜きで、とってもお若いんです。

姿勢もピシッとしていらっしゃいますし、、笑顔溢れる方ばかり。

顔なじみの仲良しさんたちとテーブルを囲み、

おいしい越後料理とお酒を楽しんでいらっしゃったようです !(^^)!


町会役員さんのお話によると、


数年前までは、もう少し年齢層の高い敬老茶話

会だったそうですが、

体調等により、集まる町会員さんの顔ぶれがか

わっているとのこと。

顔ぶれが変わっても、この良き敬老茶話会が

毎年続いているというのは

嬉しいことですね。



2018年10月3日水曜日

‐地域の福祉力‐ 内神田旭町町会敬老個別訪問 編

晩夏から初秋。。。


さて個人的にですが、「地域の福祉力シリーズ」 と題して今後発信します。


改まるほどではないですが…


まずは内神田旭町町会からです


JR神田駅西口に隣接する町会。ずっとこの地にお暮しの住民の方々多いところです




例年、福祉部を中心に町会でお祝い金などを住民にお届けする「敬老個別訪問」



慣例ですね


元気ハツラツ住民の方と町会役員のみなさま

 

毎年、福祉部から千代田区社協にも御声掛けいただき、町会内で困った要援護住民がいないか、生活問題の存否のことなど目的もあり、一緒に同行させていただいています


敬老、イコールお祝い金としてでなく、人生の大切な節目ですよね


節目…



お年を重ねる素晴らしさは世界中同様でしょうが、節目のお祝いは国により違うようです。


たとえば、イタリア…

50と書くイタリアの有名なあるファッションメーカー


読み方は、ここでは伏せますが(気になる方は検索すればすぐに)、50という数字、イタリアでは縁起がよいとされています


”ナイスミドル”ということでしょうか



ほかは…、ときりがないのでまたの機会に


内神田旭町町会は住民同士ほんとうに顔なじみ


素敵な笑顔いただきました!
 
 

「あの人が気になっているのでね。。。」

「介護を利用しているけど、それでも息子さんがいないと不安がってさ。息子さんもなるべく一緒にいられる時間を取るようにしているんだよ。。。」


住民同士の連帯や意識的になる見守り…



「ここはさ、ほんとうに昔からずっと家族で住んでいる方が多くて、昔は商売していたけど、今はビルの上に住んでいる家族も多いけど、みんな家族で介護したり、家族の絆意識がとても強いよな。。。」というお話もしてくれました


公的な関与だけでなく、住民同士で意識的な取組み…


地域の”福祉力” 拝見しました




今日はここまでご贔屓に(神田公園地区担当:齊藤)