千代田かわらばんのサイトに戻る

2012年7月31日火曜日

神田公園地区×非天然色東京画

射し込むならぬ、「刺し込む」暑さ、夏の入り口の7月最終日です。

成年後見の訪問で、千代田区内を自転車で移動していても、
信号を待つ瞬間にでも、すぐに日陰を探してしまう神田公園地区担当、佐藤(悠)です。

前回は、神田旭軒の記事でしたが、
注目は、その前の記事です!

神田公園地区でも、納涼盆踊り大会が神田児童公園で開催されます!

平成24年8月2日(木)・3日(金)
午後6時~9時30分頃まで
是非、皆様お誘いの上、ご参加ください♪

神田公園地区を知ってもらいたい!時には、やはり「大好き神田」サイトですが、
先日、ほかにも神田公園地区を知ってもらえるようなサイトは無いものかと、
検索していたら、あるサイトに出会いました。

写真を眺めながら、これは神田公園地区の新しい見方、歩き方かもしれないと想い、
サイトの管理人さんにメールをし、リンクの許可を頂きました、

忘れてしまった風景や、いつの間にか消えてしまった景色がそこにはありました。

少しノスタルジックに感じてしまうような場所。
見過ごしてしまいがちな、記憶にもとどまらないような情景、
コントラストの濃淡や、時間の経過がとても綺麗に写っています。




非天然色東京画



神田小川町〜多町〜司町辺り2

神田小川町〜多町〜司町辺り1

神田多町2丁目辺りの景色

神田界隈点景・司町〜須田町〜小川町


東京の真ん中、千代田区。
神田公園地区にも、このような景色が残っています。

非天然色とありますが、すべては総天然色です。
個人的には現実とは少し難い気持ちにもなれる意味を、
非天然色という言葉の中に感じます。

わたしもこのサイトを眺めながら、場所が特定できる場所もあれば、
どこかまったくわからない場所もあります・・・・。
この数枚の写真を見つめるだけで、まるでパズルのピースを探すかのように、
神田公園地区を歩きたくなります。

4月に入職した自分ではありますが、今後もこの「非天然色東京画」に負けないように、
風情と面影を探し、神田公園地区の側面を写真で切り取っていきたいと
意欲が沸いてきました。

管理人様、リンク快諾して頂き、ありがとうございました。
そしてまた神田公園地区付近の写真を、よろしくお願いします(笑)

神田公園地区はここですよーと画像でも、皆様に紹介いたします。





2012年7月30日月曜日

おいしいフライをいただきました♪

7/20の内神田8町会子ども縁日が終わって間もなく、その時に大変お世話になった内神田旭町町会の新福祉部長のお店におじゃましました。
場所は神田駅西口徒歩2、3分の『旭軒』
過去に何度かお邪魔したことはあったのですが、お店のフライをいただくのは初めてでしたので、とっても楽しみにしていました。
お店に着いてメニューを見ていたらいろいろあって迷ってしまいました・・・。
前情報として、メンチかとんかつと聞いていたのですが、私の中ではハムカツとカジキマグロフライにしぼられていました(笑)
結局、カジキマグロフライに。
注文が入ってからカジキをカットして揚げるので、その間に福祉部長さんと先日の縁日について振り返りや今後の福祉部の予定等についてお話ししていました。
そうこうしているうちに、カジキマグロフライ到着です♡
中のカジキマグロとってもジューシーでおいしい!!!
個人的には隣に添えてあるマカロニサラダと一緒に食すると大変美味だと感じました。
是非神田駅周辺にお越しのみなさまは立ち寄ってみてください。
ボリュームがあるので、おなかをすかせてどうぞ。
私は10月からのカキフライも美味しいという情報を得ましたので、またそちらも楽しみにお伺いしたいと思っています。

(神田公園地区:松本)

2012年7月25日水曜日

納涼盆踊り大会のお知らせ

内神田8町会子ども縁日も、盛況に終わり。
子どもたちは、夏休みも真っ只中。

私たち社協のボランティアセンターでは、「夏ボラ」真っ最中です
夏と言えば、千代田社協 神田公園地区担当、佐藤(悠)が
まっさきに思い浮かぶのは、吉田拓郎の「なつやすみ」

ひまわり 夕立 せみの声

歌詞にはありませんが、夏と言えば盆踊りも忘れてはいけない季節を感じる行事です。

私の自宅の近所では、早々に盆踊りが開催されていました。
花火のようにそれぞれ綺麗な浴衣を着た、老若男女が思い思いの時間を過ごしていました。

 流れるように、しなやかに踊る方々
 提灯からの少しまばゆい明かり
 やぐらからの調子を合わせる太鼓の音
 匂いで誘い賑わう出店

小さな私の娘は、そんな風景や賑やかさより、たこやきに夢中でした。
そんな雰囲気を是非、神田公園地区でも味わってみてください♪
来週末の8月2日と3日に納涼盆踊りが、神田公園にて開催されます。

以下、大好き神田より抜粋いたします。
皆様、お誘いあわせの上、是非ご参加ください。




神田錦町
神田小川町
神田美土代町
内神田
神田司町
神田多町
神田鍛冶町三丁目

【納涼盆踊り大会のお知らせ】

平成24年8月2日(木)・3日(金)
午後6時~9時30分頃まで

神田児童公園(千代田区神田司町2-2)で、恒例の納涼盆踊り大会が開催されます。




毎年、地元の方を始め通勤帰りの方も参加され、年々盛況になっています。
皆様のご参加をお待ちしています。

※雨天の場合は8月4日(土)に順延になります。




2012年7月24日火曜日

内神田8町会子ども縁日盛況!好評でした。

「内神田8町会子ども縁日」盛況、好評で幕を閉じました。

正午頃には、あいにくの降雨。
雨男でもあります千代田社協神田公園地区担当の私、佐藤(悠)が搬入を終えて、
一時社協に車両を戻すときに、射し込む晴れ間・・・・。



好天とは言い難くはありましたが、磯辺焼きやおでんなども好評で早々に
売り切れていました。

こどもたちもたくさんたくさん、神田公園にやってきました!
次第に多くなる風船の数で、遠くからでもにぎわいが感じ取れます。



社協はわたあめとガラポンコーナーを担当しました。

さて、わたあめを作りながら社協のテントでは、
「わたあめは日本生まれのお菓子なのかな?」と話題になっていたので、調べてみました。
わたあめには、cotton candyとその名がついていますが、
1897年、115年も前にアメリカで生まれたお菓子でした。



わたあめが、初めて世の中に出たときも大盛況だったような記事も読みましたが、
115年経った今も千代田区神田公園でも、大盛況の大行列でした。

当初、1台だった「わたあめ機」も2台に増やし、フル回転で次から次へと、
こどもたちの手に渡っていきました。
※ちなみに、関西では「わたがし」関東では、「わたあめ」と呼ぶそうです。



真っ白な綿菓子を探して歩くこどもたちに、声をかけ。
少しの間だけ並んで待ってもらって。
手でちぎって、手がベトベトになっても、受け取った瞬間にうれしそうに口をつける
こどもたちの顔が、とても印象的でした。

隣のガラポンコーナーも、何種類ものキティちゃんのうちわの景品を熱心に見つめて、
自分の好きな柄を手に取っていました。

白の玉でも、かもめのボールペン。
たくさんの景品の袋の中に、ボールペンやうちわ、そして「困りごと24」のチラシも渡しつつ。
次!と勢いよく走りだすこども達の姿は、本当に楽しそうでした。

町会の方々、ボランティアのY様にもお手伝いを頂き、時間いっぱいザラメが無くなるまで、
わたあめは、たくさんのこどもたちの手に渡っていきました。



Y様、非常に熟練された手つきで、ふわっふわのわたあめを作ってくださいました。
社協の職員も、少しずつ上手になってきてはいましたが、Y様のわたあめの形には、
遠く及ばず・・・・・。

15時から17時半までの瞬く間。
こども達と同じくらい、千代田社協の職員面々も楽しい時間を過ごしました!



神田公園地区と言えば、「大好き神田」というホームページがあります。
今回の内神田8町会子ども縁日の記事が、≪ひろば≫の神田八町会子供縁日 
として掲載されています♪ 是非、こちらもどうぞ♪




2012年7月19日木曜日

週末開催!「内神田8町会子ども縁日」

はじめまして。今年4月に千代田区社会福祉協議会 
ちよだ成年後見センターで働いています、佐藤悠一と申します。

神田公園地区担当として、大きな体ではありますが、
細やかな対応とフットワークの軽さをモットーに、神田公園地区のお手伝いをしていきます。
よろしくお願い致します。

いよいよ週末( 7月21日 土曜日)に迫ってきました!

旭町町会
内神田美土代町会
多町一丁目町会
多町二丁目町会
内神田鎌倉町会
司一町会
司町二丁目町会
鍛治町三丁目町会   (順不同)

神田公園地区の8町会が勢力を結集して、
神田児童公園周辺にて、15:00から縁日が開催されます。

その名も!

「内神田8町会子ども縁日」

出店には、
ポップコーン、磯辺焼、焼きそば、アメリカンドッグ、おでん、かき氷
飲み物も、ジュースにラムネ(※20歳以上には、生ビールもあります)

子どもは楽しめることは、もちろん!
大人も熱中症対策や初期の夏バテを解消できるほどの、出店のラインナップです。

・・・・そして、忘れてはいけない!
私たち、ちよだ社協も、わたがしやガラポンでお手伝いさせて頂きます。

他にも、スーパーボールすくいや射的、輪投げなどもあります。

子どもの頃、縁日と言えば遠くの遊園地より、ドキドキしたものでした。
何をしようかと同じ場所をぐるぐるしながら、
少しの間の、夢のような空間を何度も散歩していました。

大人になり随分経ち、そんなドキドキを忘れかけたころ、
私にも娘が生まれ、小さな娘と縁日に行く季節が訪れるようになりました。

縁日は大人も、子どもの姿を眺めながら楽しめるような。
そんな素敵な時間と空間です。

今回、ちよだ社協も神田公園地区の8町会のお手伝いをさせてもらいますが、
そんな素敵な時間と空間を一緒に作っていけたらと思っています。

童心に帰って、遊び心を忘れず、僕らも夢中で楽しみたいと思います。

皆様、ぜひお誘い合わせの上、神田児童公園まで遊びにきてください♪

(神田公園地区担当 佐藤(悠))

<来場にあたり、ご注意ください>
梅雨明けとなり、猛暑日含め暑い日が続いております。

水分を十分に摂るとともに、帽子や日傘と言った日光対策も忘れずに。


2012年7月12日木曜日

内神田八町会子ども縁日の準備開始!!

みなさん、寝苦しい日々が続いている今日この頃ですが、十分睡眠はとれていますか?
私は、ついに寝るときにクーラーを入れて寝るようになってしまいました。
いよいよ夏が来た!という感じです。
 神田公園地区のイベントも今月21日の内神田八町会子ども縁日からはじまり、いよいよ夏の始まりですね。ちよだ社協も毎年お邪魔しており、わたがしを出させていただいています。今年は新人職員も加わりましたので、このわたがしの他にガラポン抽選会も行うことにしました!抽選会というと大げさですが、やりたい方だけ、お1人様1回ガラガラを回して、当たりが出たら可愛い景品が!という企画です♪
 この当たりは、ちよだ社協が行っている事業名に関するものです。社協の宣伝も含めた抽選会となっています。
 子どもも大人もどなたでもできますので、ぜひお立ち寄りくださいね!