千代田かわらばんのサイトに戻る

2012年9月19日水曜日

旧神田須田町ストア

大好き神田の書き込みの中で、
「岡本太郎氏の作品が、神田駅にある」とのことで、
いろいろ調べていたら、ある記事にたどり着きました。

それが、日本最古の地下街の記事でした。
(※岡本太郎氏の作品については、また別記事で・・・)

日本最古の地下街・・・・
実は神田駅の地下街「神田須田町ストア」でした。

1931年(昭和6)年開業!

今の須田町一丁目交差点下あたりにあり、
現在も、地下鉄銀座線の5・6出口に通じる、天井が低い
出口通路が、「そこ」です。

ただし・・・・・この神田須田町ストアは、2011年。
すべての店舗が立ち退き営業終了になってしまいました。

実に80年。

そんな空間があるのなら、もう営業終了になっていても
是非見てみたい!ということで、行ってみました。

看板やポストなど名残は皆無でしたが、
ここに商店があったのか・・・と過去のネットでの記事を見ると、
不思議に思ってしまうぐらいの雰囲気ですが、
写真を撮りながら、風情の余韻の残香を感じます。


 
JR神田駅への出口ではなく、あまり人通りのない5・6番出口。
 


天井は低く、2mもありません。
本当にひっそりとしています。
 
 
 
 
 
当時の名残か、配管は剥き出しに走っています。 
 
 
ただの白い壁に見えますが、実はここがお店の跡地です。

 
 
 
少し引いた写真だと、既存のタイル壁との様子で、
ここが神田須田町ストアだったことが、
少しだけ伝わってきます・・・・。
 
 
 
 
 
 
6番出口の一か所だけ古いタイルがあります。
ここだけが、おそらく神田須田町ストアを見つめた
唯一の既存の場所になるのかなと勝手に想像してしまいました。
 

 
出口を出ると、いつもの見慣れた景色でした。
この見慣れた景色の下の地下街。
なんだか不思議な気持ちになります・・・・。
 
 
是非、インターネットで「神田須田町ストア」で調べてみてください♪
今は何もないただの地下通路になっていますが・・・。
 
過去の画像を見ると、少しだけわくわくした気持ちで
地下街を歩いてしまいます。
 
※厳密には神田須田町は、神田公園地区ではないのですが、
 神田須田町ストアは、神田駅構内であり、神田鍛冶町にも
 かかっている為、掲載させて頂きました。
 


0 件のコメント:

コメントを投稿