千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2013年4月5日金曜日

多町一丁目町会福祉部「春の集い」

去る3月30日(土)神田駅前「江戸之家」にて、
多町一丁目町会の福祉部「春の集い」が催されました。

本来は、お花見バスツアーの予定でしたが、
主役の桜は、気温のある程度の安定で、
長く花見を楽しめる今春ですが、
いざ花見をする私たち側には、少し肌寒く感じる季節柄。

バスツアーから食事会に変更になり、
社協も坂田・尾崎・佐藤で参加させて頂きました。

 

 

 



普段あまり席を合わせないことが多いと話されていましたが、
そこは近所のよしみ、会えば「久しぶりー、元気してた?」と
話に花が咲きます。

少しの時間の経過の中で重ならなかった時期。

その時期の中で、高齢者センターや地域資源などを
利用する中で、新たな繋がりも確認できたり、
とても驚きの時間でもあったようです。

食事会ではありましたが、そこは
「近所の井戸端会議が、場所を移してるだけのこと。」
・・・と言っても、
近所の情報や、新しく建つ建物のこと、そして今の現状。

昔の様子を聞きながら、温故知新を改めて感じたり、
地域を取り巻く防犯の話しや、親身な医療機関の情報、
今地域で進んでいる懸案事項に、推し進めた結果の良報告など、ここでしか聞けないとても貴重な話がたくさん聞けました。
井戸端会議ならではの、情報量と貴重な話でした。

また話を聞く中で、私たち社協の取り組みについても
話をさせて頂き、「福祉の世話にならないようにしなくちゃ!」と
いうお気持ちも伺えました。

ご近所活動に参加されながら、
私ども社協にも様々なことを教えてくださり、
またご協力頂きながらも、
自宅で元気に健康で過ごせることが何よりですので、
そういった意味では「福祉のお世話にならない」
というお気持ちは、とても大切だと思っております。

今後とも、参加された皆様のお元気な様子を
様々な町会行事で、伺うことができれば何よりです。

今回はありがとうございました♪

0 件のコメント:

コメントを投稿