千代田かわらばんのサイトに戻る

2014年9月8日月曜日

神田公園地区連合町会 防火防災訓練に参加しました!


9月6日(土)神田公園地区連合町会防火防災訓練が行われました。
 
 
 
神田公園地区の20町会の皆さんが初期消火訓練や応急救護訓練などを行い、約400名が参加されました。 

千代田区社会福祉協議会(ボランティアセンター)は、区内の大学生ボランティアと給水、救援物資の詰め込みと配布のボランティア活動を行いました。

参加した大学生たちは、災害時の協定を結んでいる国際ボランティア学生協会と大槌町でのボランティアをきっかけに結成したChiyoda Student Volunteersのメンバーです。
 
この日はとても蒸し暑く、用意した60リットルのお茶が足りなくなり、途中で補充をして対応しました。
その分、多くの方が立ち寄寄られ、ボランティアに声を掛けていただく等の光景が多くみられました。

 
 

また、救援物資の詰め込み、配布では、400人分を用意しなければならず、神田公園出張所職員の皆さんと黙々と作業を行いました。

黙々とした作業でも、みんなが気が付くことを自主的に行い、いいチームワークで時間内に作業が終わりました。

災害時、住民の皆さんや行政とボランティアが一緒に作業を行うことになります。
日頃からの関係づくり、その橋渡しを社協でさせていただいています。

私たちも地域の皆さんとお話ができて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

町会の皆様、お手伝いをしてくれたボランティア、区職員の皆さん、お疲れ様でした。

(今回、職員が他の事業と重なったため、梅澤が担当いたしました。)

0 件のコメント:

コメントを投稿