千代田かわらばんのサイトに戻る

2014年12月22日月曜日

小川町三丁目西町会餅つき大会

12月に入り、雨の日ともなるといつ雪が降ってもおかしくないくらい寒くなりますね!
20日(土)もそんな天気でしたが、21日(日)はそんな天気も嘘のようにきれいな空でした。

この日は小川町三丁目西町会では29年ぶりの餅つき大会でした。
岩崎町会長の
「年の瀬や 餅つく音に 福が来る」


という素敵な一句で餅つき大会の幕が開けました。

ここ最近、町会の子どもたちが増えたということで、このたび餅つき大会を再開したとのこと。
多くの子どもたちでにぎわっていました。
餅をつくことが初めての子ともたちも多いということで、
「餅は何からできているか?」
「普段食べている米はうるち米。餅はもち米からできているんですよ~」
という解説もしてくださいました。


初めての子ともたちはとっても楽しそうでした。




社協も先週の司一町会の餅つきに引き続き曽我部が餅をつかせていただきました。
まだまだ不慣れな感じでしたが、本人は喜んでいましたね!



小川町三丁目西町会の皆様、ありがとうございました。

(神田公園地区担当:松本)











2014年12月18日木曜日

司一町会 餅つき大会のこぼれ話・・・

こんにちは、神田公園地区担当の曽我部です。
前回の記事で不様な餅つき姿をさらしてしまった曽我部です・・・

(次こそは笑われないようにがんばります!!)

連日になりますが、先日の司一町会の餅つき大会で、皆様にぜひお聞きいただきたいエピソードがありましたのでブログに投稿させていただきます。

前回の記事の餅つきの最中、
「お兄ちゃん、あの子の写真も撮ってあげてよ!」
と、声を掛けられました。

その写真がこちら

かわいらしい女性が餅つきに参加されています。

私に声を掛けていただいた鎌倉町会の方にお話を伺うと、
こちらの女性は、マレーシアからの旅行中で、
この日偶然通りかかった方だそうです。

考えてみれば日本人が当然のように行っている餅つきも、
海外の方から見ればふしぎな光景だったのでしょう。

興味深く見ていたところを、
「やってみない?」
と町会の方がお声掛けしたそうです。
(※こちらの写真は私のたどたどしい英語で掲載許可を得ました。)

私がこのお話で感動したのは、司一町会、鎌倉町会の方々の懐の深さです。
会ったばかりの方にもこの歓迎ムード!

2020年の東京オリンピック・パラリンピックが決まり、
ちよだ社協でも様々な取り組みがはじまっていますが、
やはり日本のご近所付き合いの温かさや
独特の伝統行事は世界に誇れるものだと思います。

江戸っ子の町神田で、世界中のひとたちが笑顔になる日が目に浮かぶような一日でした。

2014年12月17日水曜日

司一町会 餅つき大会

衆議院議員選挙の晴れ空。12月14日。

神田駅から、神田駅西口商店街を進んでいくと・・・

テントが立ち並び、臼と杵が商店街の真ん中に鎮座。

毎年恒例の司一町会の餅つき大会です。




テントの下には、さまざまなバリエーションのお餅を

楽しんでもらおうと御雑煮から始まり、

餡やきなこ、大根おろしに納豆と、トッピングも豊富です。





社協はサロンだよりと法律相談のチラシを、

皆様のお土産に挟ませて頂きました。

存在感抜群!商店街真ん中の臼と杵

そこに、炊き立てのもち米が入ると

リズムよく餅つきがはじまります。




力任せでもダメ。テンポよく、要領よく。

心地の良い音と比例して、

のびやかなお餅が出来上がります♪


神田公園地区担当も

ボランティアセンター曽我部さんが体験。

たどたどしい中にも、こつを伝授され楽しそうでした。





「足の位置が逆だな!」というのは、衝撃的な指示でした(笑)

初歩中の初歩!
(でも僕がやっても同じような指示を受けるでしょう(笑))

「若人、力強いだけじゃダメだ!って力強くもねぇーな!」

と神田っこの笑顔が、優しく曽我部さんの餅つく姿を

見つめていました。




大人だけじゃなく、交通少年団の小学生たちも、

興味深く餅つきをしたり、

もちろん町会の子どもたちも餅つきをしていました。



平成の世の中ですが、こんな景色は

僕が小学生の頃と変わりません。

大人たちは目を細めて、その姿を眺めています。



餅つきの世代間交流。

餅つき → トリモチ → くっつく と連想。

餅つきには、災いをくっつけて除く

という由来もあるようですが、

人と人をくっつける作用もあるのかもしれません。



そんなことを想いながら、

私は司一町会様の餅つきのあとに、

娘のクリスマス会でサンタクロースに扮したわけで。

盛り沢山な一日でした(笑)

2014年12月10日水曜日

'santa claus is coming to town'

寒くなって参りました・・・・。

布団からもなかなか出れず、
体調が悪くなる予感と隣り合わせの12月。

街は、既にクリスマス気分です。
ジョンレノンの「戦争は終わった」のメロディーが街を包みます。



ただ個人的には、この時期になると、
なぜかポーグスが異常​​に恋しくなります。

いつもの朝食、珈琲の香りに、POGUESが混在。
師走の慌ただしさに、完全に心を止めるのではなく、
助走を手伝ってくれるからかもしれません。




子どもたちのクリスマス。

クリスマスの子ども会を控えた今週。
私の娘も颯爽と、先週のうちに体調を崩し、
月曜日の今日は元気に保育園に出かけて行きました。

親から見てしまうと、正月前にバタバタしたくないクリスマス時期。
でも、子どもたちにとっては、大切な行事。

昨年、クリスマスのプレゼントを楽しみにしていた長女。
保育園にサンタクロース登場!
「おぉぉ!」
ただ渡されたプレゼントが、手紙に書いたプレゼントと違い、
号泣。

これじゃない!

サンタクロースは25日なら何回でも来ると、苦し紛れの弁明(笑)
その夜、彼女は欲しかったプレゼントを手にしました。

親だけでクリスマスを背負わず。
賑やかな12月を賑やかに過ごして頂きたい♪

神田公園地区では、地域における子育ての居場所作りに、
子育てサロンを実施しています。




詳しくは、
http://www.chiyoda-cosw.or.jp/wp/topics/2014/11/25/801/


12月13日(土)10:00〜12:00(入退室自由)

神田公園区民館3階(千代田区神田司町2-2)

参加費:300円/ 1組(お菓子·飲料があります)

対象者:千代田区にお住まいの0歳から未就園
(3歳くらいの)お子さんとお父さん、お母さんなど

申込み:千代田区社会福祉協議会へ

参加される方の名前、連絡先、お連れになる
お子さんの名前・年齢を電話・FAX・メールなど
お知らせください

ひと足先にサンタさんが
プレゼントを配りにきてくれます!

(サンタさん登場10:20-10:50を予定)

絵本の読み聞かせ、歌やリズム遊びもあります。
お気軽にご相談ください♪ 

こどもたちが楽しければ、大人も楽しい。
10月の福祉まつりに聞いた、
岩手県大槌町のホウライオーの言葉が、やけに高く響きます。

皆様、素敵なクリスマスを♪