千代田かわらばんのサイトに戻る

2015年2月27日金曜日

ご近所かわらばんインタビュー

2月25日に、地区別版:ご近所かわらばんが、発行されます。
それに伴い、神田公園地区の福祉部インタビューを行いました。

「あなたの街を突撃取材!」も、13回目を数えます。
今回は、小川町北三町会の横内福祉部長と小林婦人部長に、お話しを伺いました。

WEB版では、紙面からは溢れてしまったお話しを♪



私たち社協は、地域での見守りを推進しています。

 今回のお話しの中でも、福祉部がすべての世帯を網羅するのではなく、
 番地のような単位で、班制度の中で見守りをしていると話がありました。

高齢者の方々は、世相もあってか、とても警戒心が強い。
同じ町会と言えど、馴染みの無い方が訪問などしても見守りにならない。

 分化された班という単位であれば、
 かなりの厚い見守りが可能になっていて、挨拶も気軽に出来るし、話も出来る。
 何よりその中で、信頼感も親近感もあるというお話がありました。


 各班についての状況は、町会長が把握していることもあり、
 何かあれば町会で対応しているとのことでしたが、
 社会福祉協議会にもご連絡をお願いしますとお伝えしました。


例えば、地域で見守りが必要な人がいるという話になれば、
区やあんしんセンターなどとも連携しながら、アプローチをしていきます。
町会からのSOSが、より迅速な対応につながります。




小川町北三町会では、高齢独居の方々には、なにかあった際の連絡先を
伺うそうです。ほとんどが、息子さんや娘さんになるそうですが、
横内福祉部長も、親の面倒を見てきたことなど、自身の経験を活かしながら、
地域でのつながりや見守りに、尽力をされています。

今回のインタビューでは、ご自身の介護の話なども、伺えました。
「私はマイペースだから、そのうちつながっていく。自然につながるわよ」と

つながっていくことを、意識しなくても楽しい仲間になれる。
朝はおはよう、夕はこんばんわ、簡単なことだけど、
そこから必ずつながりが持てます。


高齢者センターを利用していくことにしても、
ある程度コミュニティが出来ているところに、高齢者が1人で飛び込むのは難しい。
だから、、高齢者センターを頻繁に利用されていた娘の友達のおばぁちゃんに、
一緒に行って頂けないかとお願いをした。

そうしたら、既存の仲間内にもすんなり入れたし、
その後も、楽しくセンターの利用が出来たというから、目からウロコ。

高齢者センターにも、既存のコミュニティに入りやすいような仕組みを
コンシュルジュ?コーディネーター?そんなのがあれば・・・・などとか考えつつも、
自然に繋がりを派生させられる、小川町北三町会の柔和な雰囲気を感じました。

他にも色々伺うことが出来ました、
私たちの活動につながる多くのヒントを伺えた、貴重な時間でした。
本当にありがとうございました!


2015年2月23日月曜日

小川町北三町会 焼き肉会

こんにちは、神田公園地区担当の曽我部です。
先日、かわら版(神田公園地区)の取材をさせていただいた際、
小川町北三町会の、小林婦人部長・横内福祉部長より
「今度、みなさんで焼き肉会をするのよ!」
というお話を聞きました。

これはちよだ社協のことをより知っていただくためにとってもいい機会だと思い、
その焼き肉会に少しだけお邪魔してしまいました(^_^;)


 
 
小川町北三町会は昨年の夏に福祉部ができたので、ちよだ社協のことをご存じでない方も多くいらっしゃいます。
そこで、神田公園地区のリーダー松本がちよだ社協の取り組みについて一通り説明させていただきました。
 
もちろん短い時間でしたので、すべてを説明できたわけではありませんが、
 
「困ったことがあったら、いつでもご相談ください!」
 
そう最後に松本が皆様にお伝えした、この一言に尽きると思います。
 
そして、そのあとは現在参加者募集中の
「介護保険サポーター・ポイント制度 説明会地区@万世橋地区」
を私曽我部が説明させていただきました!
 
そのあとは、小林婦人部長のご発声で、
待ちに待った「乾杯」です!
 
 
「写真を撮らせていただいてもよろしいですか?」
「美人揃いだもの、もちろんよ!」とご快諾いただきました!!
みなさん本当に仲がいい小川町北三町会でした。
 
 

2015年2月18日水曜日

神田橋町会 新年会

2月14日といえば、バレンタインデー!!
(それを意識されたかどうかはわかりませんが・・・)
神田橋町会では、75歳以上の方を対象とした新年会が開催されました。

場所は内神田住宅の集会室。
約20名ほどの方が参加され、ちよだ社協からは
神田公園地区のリーダー松本と
わたくし曽我部が参加いたしました!

藤村町会長のごあいさつから始まり、

 
いつもやさしい笑顔でごあいさつしていただける、
滝口福祉部長からも一言いただきました。


「お食事を食べながら聞いていただければ結構ですので・・・」
と、松本がちよだ社協のサロンの説明をさせていただいたのですが、みなさんお箸を止めて一生懸命聞いてくださいました。



続いて、わたくし曽我部が「介護保険サポーター・ポイント制度」の説明と、3月7日(土)に万世橋区民会館で行う説明会のご紹介をさせていただきました。


その後はおいしいお食事をいただきながら、いろいろなお話をさせていただきました。

その中に、
「最近不審な電話があったのよ!」というお話が話題になると、
「あら、今度悪徳商法バスターズっていう講座があるのよ!」と、
うれしいことにちよだ社協の講座をご紹介していただいた方もいらっしゃいました!


他にも、
内神田住宅の落ち葉を毎朝掃除してされている方にお礼を伝えたり、地域活動に貢献されている方に拍手を送ったりと、お互いを尊重し合っている様子がとても感動的でした。


2時間ほどで新年会もお開きになり、神田橋町会の皆様の温かさに感動して帰路についた折、すぐ近くの桜(※冬桜という種類だそうです)がもう開花していることに気付きました。

みなさまの温かさが桜にも伝わっているのかもしれませんね!!