千代田かわらばんのサイトに戻る

2015年8月17日月曜日

司二町会 婦人部/鍛冶三町会/多二町会 納涼盆踊り大会

 ~はじめに~
幡ヶ谷再生大学のDVD「鼎の問」。
東日本大震災直後からの、復興支援活動の映像記録。

その中で、福島で震災復興を担うDVDでは、
福島県川内村の盆踊りにスポットがあたります。

その地域の盆踊り大会の名称が「BON DANCE」!!
http://kawauchimura.com/%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b9%e7%a5%ad/

復興支援の話も、当然大切なのですが、地域行事も主眼な私たち。
その規模、その雰囲気、その試みも、見たこともない風景でした。
(普段、他地域のそれも都外の盆踊りの光景なんて目撃する機会もあまりなかったので・・・・・・)

人の集いを工夫して、若い世代がそれを盛り上げて。
そして、そこに地域の先人が乗っかって。
凄くいい形だなと、地域を支える強さのようなものを感じていたところでした。





~司二町会 婦人部/鍛冶三町会/多二町会 納涼盆踊り大会~

そんな中で、1年ぶりの神田公園地区 盆踊りのシーズン!

老若男女の笑顔の輪が集まる場所が最良。
文字通り実際に、輪になって回る!それこそが盆踊り。

やぐらが立って、音が響き。
花びら舞うかのような、しなやかな踊りから。
たどたどしくも、笑顔でついていく踊り。
何もわからなくても、その音に合わせて体を揺らす踊り。

何もかもが輪の中、光の下に揺れながら、素敵な夜でした。

毎年の「司二町会 婦人部/鍛冶三町会/多二町会 納涼盆踊り大会」は、
会場の雰囲気も相まって、とても素敵なのです。

 



少し輪を離れると、提灯の明かりの隙間に、やぐらの上で踊る姿。
輪の外では、露店で買ったやきそばを食べる子供連れや
仕事を終えて、ビールと枝豆で一息つく姿。

リクエストにも柔軟に対応できるテント下、運営の皆様。
またテント下では、おもてなしを颯爽とこなす婦人部の方々。

そして鳴り響くぞ、東京音頭(笑)
でもすいません、東京音頭は僕にはやっぱり染みついた
ヤクルトスワローズ、歓喜のファンファーレ(笑)

                   「東京ヤクルト!東京ヤクルト!!」






今年も大好評。
ちよだ社協謹製 「ウェットティッシュ」
このような出店が多いときには、重宝されます♪

今年も、この盆踊りが終われば、夏の佳境。
まだまだ町会行事も続きますが、夏の気配もとどまることを知りません!
水分塩分お忘れなく!



文責:佐藤