千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2017年12月21日木曜日

司町一丁目町会もちつき

みなさんこんにちは。
神田公園地区担当の松本です。

前回のブログでご報告した小川町三丁目西町会に続き、今月2回目の餅つきです。

朝の天気予報ではとても寒そうだなと思っていましたが、会場となったところは日当たりもよく、
着ていたジャンパーを脱ぐほどでした。




例年より人が多く出ていた気がします。
いろんな方がもちをつきました。
千代田区長

司町一丁目町会 坂井町会長

慣れない松本もつかせていただきました。 あまりのへっぴり腰に周りのみなさんも苦笑い・・・。

神田公園地区新人職員の京極もつかせていただきました。
はじめは、「手がかじかんでるからうまくつけないかも・・・」との発言。ところが、つき始めたら安定感のあるつきっぷり!
周りもみなさんからも「あら、慣れてるじゃないの!」とのお褒めの言葉をいただきました♪

そして、個人的には一番よかったピーポくん。杵がおもちゃみたいに小さく見えますね!
カワイイ!!
    

高齢者の方も多く見られました。福祉部のみなさまが事前に配布したお餅の引換券を持ってきて、お正月用の切り餅ももらえます。

地域住民同士がつながっているんだなと思う瞬間が多々あった餅つき大会でした。
今からまた来年の餅つきが楽しみです♪






























2017年12月18日月曜日

ぺったんぺったん小川町3丁目西町会餅つき大会!

12月3日(日)柔らかな陽射し差し込み、
ひだまりが多く見受けられた靖國通りを
神保町から小川町方面へ。

既に閉店してしまったドンキホーテまで行けば、行き過ぎ。
わかる人にはわかる、ジャニス2号店の前。
小川町3丁目西町会の餅つき大会です。




町会の行事に町会の企業がお手伝いをするという話は、
昨今珍しい話ではないのですが・・・。
本日、日曜日にも関わらず、同じ町会の企業の方々が、約20人。設営などのお手伝いをして、準備の一翼を担ってくださっています。
良好な関係は、活動したい希望とそれを柔軟に受け止める町会のスタンスがあってこそ。
町会の方々と一緒に本当に楽しそうに、餅つき大会に参加されていました。

婦人部が用意してくださった、つきたての餅をよりおいしく食べるためのアラカルトの豊富さ!
 もみのりをふんだんに使った砂糖醤油いそべ!
 ひきわり納豆!
 きなこ!
 あんこ!
 大根おろし!


選択を迷うぐらいの魅力的なラインナップです。
町会長の挨拶から、取り仕切る青年部の挨拶で、餅つきがスタート!



ぺったんこぺったんこと、気持ちの良い音が路地から聞こえてくる昼下がり。
「おもちの匂いがしたよ」と言いながら、輪に加わる住人も
どんどん増えて、1回目のつき終わりの頃には、60人ほどの方が集まっていました。




お餅はすぐになくなってしまい、ついてもついてもですが、
皆さん、かわるがわるにお餅をついていました。
お餅の無い間には、豚汁も用意され。12月、少々寒さも響く路地に豚汁は本当に染み入りました。

臼と杵は、どうしても子どもたちがつくと、縁にぶつかってしまうことがあって、木片がお餅に入ってしまうことがあったけど、今はレンタル品を使っているので、そのような心配もなく、子どもたちも目いっぱいつけると話されていました。





わたしも小さいころ、町会で餅つき大会がありましたが、新年の行事でした。
神田公園地区のみならず、12月内での餅つき大会は、鏡餅を作る風習を思い出し、逆算すれば理に叶った時期でございます。
餅をついて、鏡餅の準備をして、12月28日末広がりの縁起の良い日に飾り。概ね1月11日に鏡開きとなります。




あっという間の師走に突入。
あわただしい時間の中に、様々な行事や誘いごとが重なりますが、是非とも御身体ご自愛の上、良いお年をお迎えください♪