千代田かわらばんのサイトに戻る
ちよだご近所かわらばん

2019年9月8日日曜日

小川町北部四ヶ町納涼会

目前の台風15号。9月8日(日)@小川広場
12時開始の合図を待つかのように、少し雨脚が強かった数分のち。
太陽は照り返して、夏の余韻暑さの中。

小川町北部一丁目/小川町北部二丁目/小川町北三/小川町三丁目西
の4町会青年部による、小川町北部四ヶ町納涼会が実施されました!

夏の面影














笑顔があふれる日曜日の昼下がり。
町の青年部の皆様のご尽力で、こどもたちだけではなく、大人たちも納涼の時間を
楽しんでいました。

横田町会長が、空を見上げながら
「小川広場の真上だけ雲が避けて、青空だけが伸びるのは珍しいんだよ」
と仰っていました。
「ここは僕の母校(だった場所)だから」と半世紀前以上の空も、
今日のように青空だって。きっと青空だって。そんな風に思いました。

2019年9月5日木曜日

納涼盆踊り大会

こどもの頃。
どんな小さな公園でも口ぐちに「暑い」と話はじめる頃合いに、
櫓(やぐら)が立ち、薄明りの提灯がいくつも重なると公園がぼうっと明るく光り。
スピーカーから響く曲と太鼓の音が重なる公園の入り口に、
こどもなりにワクワクしたものです。



今文章を打ちながら、私が住んでいた町会はアイスキャンディーを1本くれたなとか。
蚊によく刺されたなとか。ドラえもん音頭がやけに多かったなとか。
そんな小さな思い出も、甦ります。

ミストのアーチをくぐれば、神田公園出張所の脇、神田児童公園が会場です。



去る令和元年8月1日(木)2日(金)の2日間。
今年も司町二丁目、多町二丁目、鍛冶三会共催の納涼盆踊会が実施されました。
東京のお盆は、7月半ばのため、通例の盆踊りよりは、若干時期がズレており
夏休みを楽しむこどもたちでいつも大賑わいです。
神田公園地区の担当となってから、この櫓を見ると夏が来た!という気持ちになると同時に、毎年本当に立派な櫓と提灯の数だと心底思います。




やはり盆踊りを実施している地域は減少傾向にあるとのことでしたが、
それでも地域の方々が、盆踊りの音と光に集まってとても賑やかな時間を
過ごしておられました。

老若男女、輪を作り丁寧に舞う姿を見ているだけでも、
夏の盛りを忘れる涼やかな時間が流れておりました。
町会の浴衣で踊られる方、近所の方か私服の方や、仕事帰りなのかYシャツの方など
三者三様で千代田区ならではの、輪を囲む景色でした。

40数曲のリクエスト歓迎の曲順の中、本当に皆様楽しそうに参加をされていました。

櫓の上でもしなやかに盆踊りをリードされていました。